介護保険について



利用するにはどうしたらいいの?「介護認定」について

介護保険

40歳以上の人に課せられた保険料と、国・自治体からの税金で賄われています。
65歳以上の人は介護が必要になった時、申請し認定を受ければ、誰でも利用料の1割の自己負担でサービスを利用できます。
また、40歳から64歳までの人でも加齢と共に生じる(15の特定疾病)に限り介護が必要になり認定をうけることで同じように利用できます。

ページTOPへ


介護保険申請の流れ

介護保険は、本人または家族が、住所のある市町村の役場に申請することで利用できます。
介護保険の申請は、下記の流れとなります。

介護保険

ページTOPへ


介護状態の区分について

介護状態の区分は、要支援状態、要介護状態にわけられます。
区分によって使える頻度が変わります。

介護保険

ページTOPへ


介護サービスの種類について

介護サービスは、通所系サービス・訪問系サービス・短期滞在系サービス・住環境等整備など様々なサービスがあります
サービスを選ぶ上でケアマネージャーが親身になって相談にのります。

介護保険

ページTOPへ


居宅介護支援事業所について

久喜すずのき病院 介護保険室は病院内にある居宅支援事業所です。
介護サービスを利用するにあたりケアマネージャーが介護の相談にのってケアプランを作成します。
久喜すずのき病院では、現在6名のケアマネージャーが在籍しております。

最後まで自立した生活を送ることは、誰しもの願いだと思います。
しかし生きていく上で加齢と共に身体的・精神的な何らかの疾病に罹ったり、障害が生じたとき、それを社会全体で支えあう公的保険制度が介護保険です。

ページTOPへ


経験豊富なケアマネージャー

利用者本位のサービスが、できるよう介護保険のスペシャリストがお手伝い致します。

ページTOPへ