新型コロナウイルス感染事例について 第3報(2020年9月16日)

9月11日に当院の入院患者1名に新型コロナウイルス感染症が判明したことに伴い、管轄の保健所と連携して濃厚接触の可能性のある者のPCR検査を進めて参りました。

 

追加のPCR検査を実施し、非常勤職員1名の陰性が確認されました。9月11日に新型コロナウイルス感染症が確認された入院患者は、感染が確認された当日に他院へ転院していることを申し添えます。

 

同じ病棟に入院中の全患者および同じ病棟の全職員に対してPCR検査を実施し、全員陰性であることが確認されました。今後の対応として、感染の確認された1病棟については、感染を確認した日(9月11日)から2週間は入院の受け入れを中止し健康観察期間といたしました。

 

その他の病棟においては通常通り入院患者の受け入れおよび救急患者の受け入れを行い、外来についてもこのまま診療を継続いたします。

 

皆様にはご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止に全力で取り組んで参ります。

ページTOPへ