新型コロナウイルス感染事例について 第4報(終息)(2020年9月26日)

9月11日に当院の入院患者1名に新型コロナウイルス感染症が判明したことを受け、管轄の保健所と連携して濃厚接触の可能性のある患者および職員のPCR検査を実施し、第3報において検査を受けた全患者および全職員が陰性であったことをご報告いたしました。

この度、健康観察期間である14日間が経過したことを受けて、あらためて感染の確認された患者と同じ病棟に入院中の全患者および同じ病棟に勤務する全職員に対してPCR検査を実施し、全員陰性であることが確認されました。

入院患者の感染確認後2週間が経過し、新たな感染者が認められないことから、本件に対する対応を終了することといたしました。

今後は、感染の確認された1病棟についても入院の受け入れを再開し、入院・外来ともに通常通りの診療を行って参ります。

皆様にはご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き院内の感染防止対策に病院全体で取り組んで参ります。

ページTOPへ