久喜すずのき病院作業療法士ブログより引用「東京ブギウギ体操」

久喜すずのき病院作業療法士

久喜すずのき病院作業療法士ブログより引用 「東京ブギウギ体操」

引用元ブログ>>>

みなさんこんにちは。
本日は当院で行っている歌体操「東京ブギウギ体操」をご紹介したいと思います。

われわれはこのような歌体操を通して、こころとからだのリハビリテーションを行っています。
先日、我々作業療法士の全国学会である、第45回日本作業療法学会があり、
そこで、嬉しいニュースを一つ聞いたのでご紹介したいと思います。

第45回日本作業療法学会はこちら>>

我々の病院が、ポスター発表をしていますと、福島県にあるとある病院の作業療法士の方が声をかけてくれました。そして、「久喜すずのき病院さんの歌体操をyoutubeで見て、私たちの病院でもやっているんですよ☆
そして被災地支援にもこの歌体操が大好評なんですよ。」との声を聞かせてくれました。

その後、その方と、メールのやり取りをさせていただき、当院の歌体操と、被災地支援活動について以下のようなメールをくださいましたので、ご紹介いたします。


『福島県は、ご存知の通り、震災や原発の影響があり、とても慌しく過ごし、学会を迎えたという状況です。ですが、私が住んでいる会津若松市というところは比較的被害が少なかったこともあり、沿岸部の町民が避難され,町役場も移転しているといった状況です。

そんな中で、被災地の方々は、日中することがなく、特に高齢者の方は身体機能の衰えや孤立化といった問題が避難地域で生じてきたため病院単位で被災者支援活動を行っています。

唄体操はそこで大活躍し、今となっては高齢者の方々の楽しみの一つになっています。学会でも被災者支援報告会があったのですが宮城、岩手と比べて、福島県の支援活動は、震災だけでなく原発の影響もあるので、二県とは方針が違っています。個人ではなく、病院単位で、それを勤務の一環として支援活動をしています。

主に室長クラスが避難所へ赴き私勤務する病院の室長が避難所へ赴き、

「ちゃんちきおけさ」の歌体操を行ったところ>>>

それまでその場に集まらなかった高齢者や他の方々が集まり盛り上がっていた、という話があり、最近はOTで歌体操を少しずつ取り入れています。すずのき病院さんは、色々なOTを取り入れられていて、素晴らしいですね。見てて楽しくなるような活動ばかりでした。こちらもがんばらないとなぁ〜と思いました。』


このようなメールをいただき、私たちも非常に嬉しい思いになりました。
我々の動画でも少し被災地の方々のためになる活動が出来たという事が、非常に嬉しかったです。

ページTOPへ


第45回日本作業療法学会について

6月24日〜6月26日にかけて≪第45回日本作業療法学会≫が埼玉県さいたま市大宮にて行われました。
当院の作業療法士も学会に参加し、当院での取り組みを発表して参りましたので、その模様をお伝え致します!!

詳しくはこちら>>>

ページTOPへ