クロザピン外来

クロザピンとは

クロザピンは、治療抵抗性統合失調症の治療薬として、世界100か国以上で使用されているお薬です。幻覚妄想状態に対して、今まで何種類も抗精神病薬を試してきたけど十分な効果が得られなかったり、副作用で十分量の薬を内服をすることができなかった場合に、クロザピンの内服を検討します。
クロザピンを内服することで、
●引きこもりの状態から抜け出せた
●デイケアに通えるようになった
●過度な飲水が軽快した
などの効果が期待できます。
一方で、「無顆粒球症」といった重篤な副作用の報告もあるため、クロザピンの開始にあたっては、CPMSというシステムに登録し、入院加療が必要となります。通常は26週間の入院が必要で、その後は2週間に1回の通院治療が必要になります。頻回な通院のため、ご家族の協力も必要です。

受診希望の方へ

クロザピンを使用してみたい、自分はクロザピンの適応となるのかどうか、詳しく説明を聞いてみたいという方は、現在の主治医の先生とご相談いただき、当院受診時に紹介状を持参してください。初回受診時はご家族のみでも可能です、電話にてご予約をお願いいたします。
TEL.0480-23-6540

医療関係者の方へ

クロザピンの使用を検討している患者様がいらっしゃいましたら、当院の地域連携室へご連絡ください。

久喜すずのき病院

〒346-0024 埼玉県久喜市北青柳1366-1
TEL. 0480-23-6540 
FAX. 0480-23-8799
代表に電話いただき、「地域連携室に繋いでください」とお伝えください。